1: 2018/02/15(木) 15:26:56.58
no title

no title


18.
右上の女は、渾身の力を込めて笑いをこらえている
人生を賭けて我慢しているのだ

19.
>>18
奥歯を噛み締めて我慢wwwwwwww

no title


▲ 北側応援団の前に金正恩労働党書記の扮装をして現れた人が、南側の関係者によって静止され、最終的には競技場の外に追い出された。




8: 2018/02/15(木) 15:29:29.97
ダウンタウンなんかぬるま湯だったんやな



【【難関】「金正恩そっくりさんの登場に、命がけで笑いをこらえる北朝鮮応援団をご覧ください」】の続きを読む


1351470964794_7_150720164426206_700x




1: 2018/02/15(木) 11:58:52.59
独立リーグからは複数のオファーを受けている。
同リーグ行きを決断する場合、球団を選択するポイントは明確にある。
(1)NPB球団からオファーが来れば退団できること
(2)NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること
(3)家族も理解を示してくれる球団であること
(4)地域貢献ができること。
「今月中に話ができればと思うが、迷いもある」と、
すべての要素をテーブルに乗せて思考を巡らせている。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801250000054.html




6: 2018/02/15(木) 12:01:30.07
村田さんが入りたくても望んでる地域貢献レベルに達してなくて家族の理解が得られないんだからしゃーない




12: 2018/02/15(木) 12:02:42.04
乙女村田のトリセツ



【村田修一さん、自称独立リーグから複数オファーも未だに決まらず】の続きを読む

1: 2018/02/15(木) 14:47:45.52
ワイはちなハムやが無理だと思う


20180211-00000007-asahi-000-1-view




4: 2018/02/15(木) 14:48:47.97
今年こそはイケるんちゃうか




7: 2018/02/15(木) 14:49:29.16
ワイちな虎、斎藤も応援してるから複雑な気持ちになる
今の斎藤なら楽勝で攻略できそうでなあ・・・



【斎藤佑樹に阪神のパワー打線を抑えられるのか】の続きを読む

1: 2018/02/15(木) 12:43:31.25
DeNA、D1位左腕、東の衝撃的グラブを激撮

DeNAのドラフト1位、東克樹投手(22)=立命大=が驚きのグラブを使用している。
手のひらの部分に金色の刺繍(ししゅう)で「ウンチマーク」、白色の刺繍で「☆」が施してあるのだ。真意を聞いてみると…。
「分からないんですか!? 金ウン(金運)と白星ですよ。全部のグラブに入っていますよ。試合用にも? もちろんです!」
プロ入り後に考えたデザインだという。名前や好きな言葉などを刺しゅうする選手は多い。
「☆」はともかく、「ウンチ」を刺繍するとは規格外の構想だ。即戦力と期待される左腕。
白星と金運をしっかりつかむことができるのか、話題のグラブとなりそうだ。
http://www.sanspo.com/baseball/news/20180215/den18021512180005-n1.html
no title

no title




7: 2018/02/15(木) 12:44:57.15
これは残念ながら吉見二世ですね…




9: 2018/02/15(木) 12:45:02.91
大成しそう



【DeNA・東のちょっと変わったロゴ入りグラブwwwww】の続きを読む

1: 2018/02/15(木) 10:47:08.78
メジャー行く前後までは普通に仲良かったのに今は絶縁状態なんやろ?




4: 2018/02/15(木) 10:47:48.33
弓子に子供はまだかって言ったと週刊誌で見たな


イチロー選手が作り上げた200億円という資産の一部を不動産などのビジネスや美容サロンの経営に回していることが、確執の原因ともいわれている。
絶縁というのはこの確執から周囲が発展させたという説が濃厚。




5: 2018/02/15(木) 10:47:52.55
ママローとも絶縁なのか?
【イチローとチチローってなんで仲悪くなったん?】の続きを読む


g-logo_400x400




1: 2018/02/15(木) 07:34:15.42
投手陣の話になると畠、鍬原はもう開幕にいないと諦めている模様




96: 2018/02/15(木) 07:53:28.42
 巨人1軍が14日、第2次キャンプ地の沖縄・那覇に入った。高橋由伸監督(42)は、レギュラーを狙う若手選手に次の課題として「強さ」を要求。
「オープン戦でへばる選手もいるかもしれない。でも、シーズンに入ったら5、6か月はやらなくちゃいけないわけだから」とし、コンディショニング維持も選定基準にする考えを示した。

 実戦はオープン戦、練習試合も含めて計23試合。序盤でアピールできても、中盤以降にパフォーマンスを落としては長丁場のシーズンは戦えない。
指揮官は「やっぱり5月、6月が一番きつい、夏とかね。試合に出るって結構大変だから」。特に田中俊らの新人にとっては未知の世界で、ハードルは高い。開幕ぎりぎりまで打線を固定せずに見極めていく方針も明かした。
http://www.hochi.co.jp/giants/20180214-OHT1T50258.html




10: 2018/02/15(木) 07:36:45.93
グッバイ橋本
フォーエバー重信




11: 2018/02/15(木) 07:37:09.12
つまり小林は使うと



【巨人由伸監督、身体の強さ要求「ぎりぎりまで打線を固定しない」】の続きを読む

このページのトップヘ