ロッテ


    20171026s00001173326000p_view




    1: 2018/01/10(水) 07:36:06.65
    お前住むの埼玉だから大丈夫だぞ
     「今日からプロ野球選手としての生活が始まる。自立した生活をしたい」と気を引き締め「よく聞くのは、東京は夜が危ないと…。まだ早いかもしれないですけど、遊びとか節制してやっていきたい。六本木とか銀座とか、お金を使う街は気をつけろと親や兄に言われました」。まだ18歳。大金の管理はしばらく両親に任せ、“お小遣い制”で生活する予定であることを明かした。





    4: 2018/01/10(水) 07:39:24.99
    確かに 選手がよく行く中華料理屋あるくらいやヤクの選手も行くで




    54: 2018/01/10(水) 08:01:09.51
    >>4
    あれまだある?年末行こうと思ったら見当たらなかった




    5: 2018/01/10(水) 07:39:44.96
    千葉・・・



    【ロッテ安田「東京の夜は怖い場所もあると聞いた。気をつけるよう(両親に)言われています」】の続きを読む


    img_eed8ff4ae2bf54d36e7f08e62f53bbde207794




    1: 2018/01/07(日)11:55:11
    めっちゃ使えるんやで!
    獲ってクレメンス




    5: 2018/01/07(日)12:05:49
    適正がある(能力が十分とは言っていない)




    7: 2018/01/07(日)12:07:02
    >>5
    それは向こう行ってみないと分からんよ
    斎藤隆を忘れたか




    24: 2018/01/07(日)14:55:45
    >>7
    斎藤隆は横浜時代抑えで2年間実績残しとるのも知らんのか
    ハマスタで防御率1点台やから涌井より格上やぞ



    【涌井って先発・中継ぎ・抑え全てに適正あるのに何でMLB欲しがらんの?】の続きを読む

    1: 2018/01/05(金) 16:41:22.80
    ロッテ、新外国人発表は来週明けにも ドミンゲス獲得か
    https://www.daily.co.jp/baseball/2018/01/05/0010870937.shtml




    2: 2018/01/05(金) 16:41:48.65
     ロッテ・林信平球団本部長(57)が5日、新外国人選手の獲得発表が「週明けとなる」との見通しを明かした。6日からは3連休で実質的には9日以降になるとみられる。

     すでにアストロズなどでプレーした前レッドソックス3Aのマット・ドミンゲス内野手(28)が1年契約で合意したと昨年暮れ、米大リーグ情報サイトで伝えられている。

     契約に関して最終的な詰めの段階を迎えたようで、山室社長も「かなり進んでいます」と話している。

     ドミンゲスはアストロズ在籍時の13年には正三塁手として152試合に出場。打率・241、21本塁打、77打点をマークしている。

     井口資仁監督が希望している抑え投手の補強も早ければ同時期になる見込みだ。

     ジェイソン・スタンリッジ投手(39)、ウィリー・モー・ペーニャ内野手(35)の去就も近々、発表される。

     また、海外FA権を行使してメジャー移籍を模索している涌井秀章投手(31)に関しては情報・連絡などは入っていないようだ。




    6: 2018/01/05(金) 16:43:44.07
    クローザーは?




    8: 2018/01/05(金) 16:44:28.44
    >>6
    ソース読め

    > 井口資仁監督が希望している抑え投手の補強も早ければ同時期になる見込みだ。




    11: 2018/01/05(金) 16:45:07.61
    >>8
    すまんな
    やったぜ



    【ロッテ、ドミンゲス獲得は来週発表】の続きを読む

    1: 2018/01/04(木) 18:28:08.74
    お、おう
    no title




    9: 2018/01/04(木) 18:30:14.67
    どっちも二軍では打ってるんやろ
    山川は1軍でも打てるようになったけど




    20: 2018/01/04(木) 18:32:20.31
    マリンが合わないだけだからセーフ



    【ロッテ井上(通算OPS.586)「俺のライバルは西武山川(通算OPS.991)」】の続きを読む

    このページのトップヘ