ネタ・(笑)


    20-01




    1: 2018/04/18(水) 18:34:23.51 ID:ye+l19vd0
    2050年には世界的なタンパク質不足から、イナゴなど虫が人間のタンパク源になるという仮説がまことしやかにささやかれている。しかし現実味は薄そうだ。(『房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』房広治)

    ※本記事は有料メルマガ『房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』2018年4月13日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

    プロフィール:房広治(ふさこうじ)
    アメリカ、イギリス、香港など主要金融センターで著名な日本人投資家。留学中に外資系銀行に就職し、わずか10年で日本のインベストメントバンキングのトップに。投資家転向初年度に年率リターン90%以上の運用成績を出し、ファンドマネジャー・オブ・ザ・イヤーとなる。
    期待されている食用虫。タンパク質の変換率を鶏と比べてみると…
    タンパク源が不足するが…
    国連の推計によると2030年には86億人、2050年には人口が98億人、2100年には112億人になると予想している。

    そして、2050年には、世界的なタンパク質不足から、将来はイナゴなど虫が人間のタンパク源になるという仮説が、まことしやかにささやかれて、テレビなどにも取り上げられている。

    科学的には「この仮説は弱い」という記事がIFCNRというNGOのサイトに載っていた。

    実験では虫も鶏も大差ない。ならば人類は鶏を食べる
    動物性のタンパク質の製造で有名なのは、牛肉、豚肉、鳥などの畜産や養殖であるが、先進的な畜産業者や養殖業者は、FCR(Food Conversion Ratio)という尺度で、どれだけのエサ(Food)が肉や魚になるのかをちゃんと測っているのだ。


    今回、カリフォルニア大学のデービス氏が実験したのは、FCRではなく、Protein Conversion Ratio すなわちタンパク質の変換率・効率的かどうかの比較だ。

    その結果、食用として養殖される虫は、鳥の変換率と変わりがなかったというものである。

    虫を食べるようになるというのが、裸の王様のように、まことしやかに伝わっているので、原文を下記に添付しておきます。

    http://www.mag_2.com/p/money/426194



    3: 2018/04/18(水) 18:35:22.07 ID:PYStfCG00
    飢えてもいいから虫だけは食わない



    11: 2018/04/18(水) 18:40:32.76 ID:8zCMfbE10
    そのころには人類はイルカに支配されてるからな



    19: 2018/04/18(水) 18:44:14.62 ID:+NoqPGCY0
    本日のざざむしスレはここですか



    【【悲報】2050年には人口爆発で人類は「虫」からタンパク質を摂る、は大ウソだった・・・】の続きを読む


    1: 2018/04/17(火) 16:25:17.84 ID:ic6ArewP0
    アメリカのテキサス州で母親が10歳の息子にマクドナルドのシャツを着せて学校に行かせたところとんでもないことになったという。

    実は息子に着せたマクドナルドのシャツはジョークシャツで、マクドナルドの黄色い「M」字アーチ(正確には黄金アーチ)の代わりに女性が股を開いているシルエットが描かれていた。

    母親は息子のアンソニーにこれを着せた経緯を「友達から貰ったTシャツで、息子に着せるときによく見なかった」としている。

    また母親は「このようなわいせつな服を着せて投稿させたことを小学校の教師らに心からお詫び申し上げます。
    私たちも子どもが着る服をよく見ると約束します」と謝罪しFacebookに投稿。

    この投稿は9万人以上の反応を示し、11万人以上がシェア、コメントも4万件ついた。

    http://gogotsu.com/archives/39128
    no title

    no title



    7: 2018/04/17(火) 16:26:44.22 ID:DykIr9EH0
    見てすぐわからないもんかね



    85: 2018/04/17(火) 17:41:52.97 ID:yr2B+acl0
    >>7
    視力が0.1なら判らんかもな。



    9: 2018/04/17(火) 16:26:55.21 ID:Pn2FFwZd0
    いや、気付けよ



    【【画像】お母さんが息子に着せたマクドナルドのシャツ、よく見るとヤバかったwwww】の続きを読む


    1: 2018/04/18(水) 18:51:36.14 ID:qCdbdMm/0
    昨年、アメリカのカリフォルニア州で開催された「世界で最もブサイクな犬大会」で3位になった犬が話題になっている。

    この犬はチャイニーズクレステッドという犬種のチェイスという15歳の犬で、イギリスで飼われている。
    地元イギリスでは「イギリスで最もブサイクな犬」と呼ばれることもある。

    この犬は目が左右非対称で、毛の生え方がまばらで、片方の目が白内障の影響で色が変わっており、歯も無い状態。
    しかし特有のルックスと愛らしい性格で審査員と観客の視線をわしづかみにした。

    そんなチェイスがつい最近モデル活動することになった。モデル活動の提案をしたのはモデル専門エージェンシーとして有名な衣類品ブランドのM&Sとディズニー、化粧品ブランドMACとイギリス最大ペットスーパーストア『Pets at Home』などの広告を担当する会社。

    この会社は、サウスウェールズに住むチェイスの49歳の飼い主に「チェイスをスターにしたい。
    チェイスの追加プロフィール写真が欲しい」と語った。その代理店がチェイスをどの商品モデルに起用するかについてはまだ知られていないが、チェイスの飼い主に3年間のモデル契約を提案したことがわかった。

    チェイスの飼い主は「私はチェイスと一緒に生活をして自信を得た。チェイスは私にとってはいすでもスターである」と語った。

    この「世界で最もブサイクな犬大会」は1961年から開催されており、普段犬の大会やショーで勝つことが出来ないブサイクな犬が脚光が浴びれる大会として作られたもの。優勝者(飼い主)には1500ドルが授与される。

    ※閲覧注意 モザイク無しは自己責任で 



    【【ゾンビ】「世界で最もブサイクな犬大会」で3位になった犬が話題wwww】の続きを読む


    1: 2018/04/18(水) 12:12:53.15 ID:n0Mjq2xB0
    2歳の頃に1日に40本のタバコを吸っていた子どもを覚えているだろうか。子供用のおもちゃの車にまたがり大人の貫禄でタバコをふかすその貫禄に世界中が驚愕した。

    その子が話題になったのは2010年で、世界中から様々な反応があった。この子はインドネシアのスマトラ島のアルディ・リザルくん。当時2歳で現在は10歳になっている。
    アルディくんは5歳の頃に禁煙クリニックに送られ、長期間にわたる禁煙治療の末、禁煙に成功。

    しかしそんなアルディくんに別の中毒が訪れていた。アルディくんはニコチン中毒から抜け出したのは良いが、代わりにおやつを過剰摂取するようになり肥満になってしまった。
    当時からやや太り気味だったアルディくんだったが、今では脂っこいものだけを進んで食べ、濃縮されたミルクを3缶空けた。

    栄養士は「アルディくんの適切な体重は17~19kgだが、彼は既に24kgをこえている。
    母親がアルディくんの食べる量を減らすことは困難だと思っているようだ」と明らかにした。

    その後、アルディくんはダイエットに挑戦した。難しいと思われていたダイエットだが、見事に成功し今では顔が少しぽっちゃりしている程度で体型はごく普通に戻っている。

    インドネシアでの喫煙問題は全国的であり、この国の8000万人の子どもたちは10歳になる前に喫煙をするという。
    それが社会問題にもなっている。

    http://gogotsu.com/archives/39146
    no title


    no title


    左:ダイエット前、右:ダイエット後
    no title



    7: 2018/04/18(水) 12:15:23.50 ID:P875ATWy0
    めちゃくちゃ旨そうにすうなあ



    10: 2018/04/18(水) 12:15:55.30 ID:gGEuVfjt0
    金のかかる子供だな



    11: 2018/04/18(水) 12:16:03.54 ID:RpJnUSiw0
    何かの中毒になりやすい体質なのかな



    【【画像あり】8年前に話題になった2歳の頃から1日40本のタバコを吸っていた子どもの現在・・・】の続きを読む


    1: 2018/04/18(水) 19:59:35.12 ID:L3ftIAUA0
    「中国のハワイ」海南島、ビザなしで渡航可へ 59か国の観光客対象
    2018年4月18日 17:38 発信地:北京/中国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3171643?act=all

    no title


    【4月18日 AFP】中国当局は18日、「中国のハワイ」と称される同国南部の海南島(Hainan)で観光客のビザなし渡航を認める方針を明らかにした。当局は海南島における観光業の国際化を推し進めたい考え。

     同国の入国管理局幹部は首都北京で行った記者会見で、世界59か国から訪れる観光客は30日間ビザなしで海南島に滞在可能とする新規制を5月に導入すると明らかにした。

     国営新華社(Xinhua)通信によれば、ビザなし渡航が認められる国にはロシア、米国、フランス、英国、ドイツが含まれているという。



    7: 2018/04/18(水) 20:01:52.51 ID:JSqBAa4V0
    あんだけ広い国土なのになぜ一箇所で集まるんだよ



    9: 2018/04/18(水) 20:02:22.89 ID:cwAsaR990
    東京サマーランドかな



    14: 2018/04/18(水) 20:03:59.12 ID:lECheqQg0
    なんでみんな立ってんだよw



    【【画像あり】中国の「ハワイ」をご覧ください】の続きを読む

    このページのトップヘ