野球ニュース(なんJ・おんJ)

    1: 2018/08/08(水) 19:42:52.09 ID:SF+60bge00808
    8/8(水) 19:36配信
    長嶋茂雄氏が入院
    巨人長嶋茂雄終身名誉監督(82)が8日、入院していることが分かった。

    球団によると、同監督のご家族は「体調が優れずに7月初旬に大事を取って入院しました。検査で胆石が見つかったため、入院したまま治療を続けています。
    体力が落ちた時期もありましたが、現在は食事も普通に摂って快方に向かっております
    」と現状を説明しているという。

    同監督は球団を通し「大変ご心配をお掛けしました。おかげさまで回復しています。今は静養に努めながら、昼は高校野球、夜は巨人戦をテレビ観戦しています。
    山口俊投手のノーヒット・ノーランには心が震えました。内海、吉川光、メルセデスの左腕3投手による(7月31日、8月1日、同2日)対DeNA戦3連勝には元気をもらいました。
    チームは苦しい状況ではありますが、優勝をあきらめずに最後まで頑張ってほしいと思います
    」とメッセージを送った。

    10463149


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00293542-nksports-base



    7: 2018/08/08(水) 19:43:42.16 ID:097kx79600808
    胆石なら問題無い



    10: 2018/08/08(水) 19:44:07.24 ID:FZ+z5mxU00808
    >>7
    こういうのって大体重病隠しやろ



    17: 2018/08/08(水) 19:44:51.54 ID:097kx79600808
    >>10
    わざわざ隠す必要ないやろ



    13: 2018/08/08(水) 19:44:33.61 ID:x+mIweRva0808
    90まで生きるだろ



    【【悲報】 長嶋茂雄さん、入院してた】の続きを読む

    1: 2018/08/07(火) 04:00:12.13 ID:kIGiax0Na
    no title



    4: 2018/08/07(火) 04:01:22.24 ID:DSjnodGdr
    石橋の杏奈氏かよ



    10: 2018/08/07(火) 04:02:40.97 ID:D4d/jsZ00
    なんで所々濡れとんねん



    15: 2018/08/07(火) 04:03:27.65 ID:sn0htHowa
    松井裕樹から若鷹魂を感じる



    【楽天の松井裕樹さん、女優の石橋杏奈さんと結婚 】の続きを読む


    depression-rora-gene




    1: 風吹けば名無し 2018/08/04(土) 08:15:44.33 ID:hxNnTguyp
    独立リーグのルートインBCリーグ・栃木の村田修一内野手(37)が3日、武蔵戦(上尾)に「4番・指名打者」で先発出場。3打数無安打だった。

    「いつも通り準備して入りました。結果は残念でしたけど、チームは勝ってよかったです」

    日本野球機構(NPB)のトレードと新規契約が可能な期間が終了した先月31日以降では、初の実戦。第1打席から死球、右飛、四球、遊ゴロの後、大きな声援を受けて打席に入った八回二死満塁での第5打席は二ゴロ。快音を響かせられなかった。

    「NPBに属していればボロボロになるまでやるべきかもしれないが、呼んでいただけないのであれば…」。同リーグでの今季公式戦は残り18試合。今季最終戦となる9月9日の群馬戦(小山)まで、現役生活の集大成をファンに披露する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000021-sanspo-base

    うーんこの



    10: 風吹けば名無し 2018/08/04(土) 08:23:16.93 ID:tW7gFmVq0
    暴露本出しそう



    16: 風吹けば名無し 2018/08/04(土) 08:26:29.51 ID:b64dMO1Y0
    とりあえずお疲れ



    【【悲報】村田修一さん、完全にモチベーションを失う・・・】の続きを読む


    sty1808010006-f1



    1: 2018/08/03(金) 13:38:30.59 ID:+FIaqmiep
    移籍期限は過ぎてしまった。だが実は、NPB復帰の可能性はゼロではない。カギを握るのは、あの“ZOZO球団”だ。ファッションサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長が球団経営に関心を示し、球界への新規参入に強い意欲を見せている。
    参入が実現した場合、新球団が直面する難題は選手の確保。エクスパンション(拡張)ドラフトなども実施されるだろうが、そこで目玉となりそうなのが「現時点ではNPBの一軍で野球をできる状態」と胸を張る村田なのだ。

    当の村田はZOZOの動きをどう見ているのか。本紙が「タラレバの話だが…」と話を向けると、村田は「僕の中では全然ありです」と即答。続けてこう語ったのだ。

    「NPBに新球団ができて『村田が欲しい』と言われれば、僕は現役復帰しますよ。それはもうプロ野球なので、僕はやりますよ。
    今の12球団は僕を要らなかったわけで、それをやっつけるために必要だと言ってくれるなら僕は全然行きます。
    新しいのが立ち上がるのかどうかも運命。9月までは野球をやっているので(自主トレで)いつものオフと変わらない感じになりますかね」

    リップサービスなのか、真剣なのか…。ただ、村田の声のトーンが急激に上がったのは確かだ。実現すればあと135本に迫った2000安打など夢の続きがまた、動きだす。
    NPB通算360本塁打をマークしたスラッガーは、最後の最後に劇的すぎる逆転ホームランを放つことができるか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000007-tospoweb-base



    4: 2018/08/03(金) 13:40:41.93 ID:0ikazS0td
    ZOZO村田爆誕



    10: 2018/08/03(金) 13:42:25.19 ID:ylrCDBO+0
    引退してないからセーフ



    16: 2018/08/03(金) 13:44:18.81 ID:JkGBt1rod
    ほんまに言うとるやん
    出来るにしても何年もかかるやろ



    【村田修一さん「NPBに新球団ができて『村田が欲しい』と言われれば、僕は現役復帰します」】の続きを読む


    清原和博 告白



    1: 2018/08/03(金) 05:53:09.60 ID:C6SXpENB0
    米大リーグカブスのダルビッシュ有投手が2日、ツイッターを更新し、7月27日に発売された元プロ野球選手の清原和博氏の著書「告白」を早くも読了したことを明かした。
    その後「大好きな人」というタイトルでブログも更新。「皆で清原さんのセカンドチャンス、応援しましょうよ!」と呼び掛けた。
     
     清原氏の「告白」は7月27日に発売されたばかりだが、ダルビッシュはツイッターで早くも読了したことを報告。ファンからは感想を求める声が相次いだ。
     それを受け更新したブログには清原への思いがあふれていた。
     ダルビッシュは「本の感想としては素直で弱音も吐きながら自分の過去を話していて人間らしさが見られてすごく良かったです!」とコメント。余り書くと「ネタバレになる」と詳細は書かなかった。
     
     ダルビッシュは「違法な薬物を使用したのは間違いなく良くないことです」とした上で「プロ2年目に清原さんに死球を当ててしまい、新聞紙上で怒られかなり落ち込みましたが数日後に優しく声をかけてくださり、その後も会うたびに挨拶に行かせていただいていました(正直怖かった)」と鮮烈な思い出を記し、「いつも見せる笑顔がすごく好きで、なんか深くにある優しさみたいなのを感じていました」と振り返った。
     
     「自分にとっては特別な人です」と断言した後「さぁ皆で清原さんのセカンドチャンス、応援しましょうよ!甘いとか自業自得とか聞くけど、そんな理由で人の人生を消してもいいのでしょうか?
    あなたのお子さんが同じ境遇になったらどうしますか?自分は誰が何と言おうが応援しています!」と最大限のエールを送っていた。
    https://www.daily.co.jp/mlb/2018/08/02/0011504500.shtml



    8: 2018/08/03(金) 05:56:46.26 ID:0YZEftYb0
    薬はやってませんよぉ・・・風邪薬のシロップは飲みますけどね(笑)



    10: 2018/08/03(金) 05:58:05.90 ID:Juli4CGL0
    煙草やないんやで



    18: 2018/08/03(金) 06:00:27.65 ID:GCXeQhJN0
    ワイも応援するで!
    ダルビッシュも応援や!



    【【朗報】ダルビッシュ、清原氏へ熱烈エール「誰が何と言おうが応援」】の続きを読む

    このページのトップヘ